埼玉県の遺品整理業者をご紹介します。

地域別、遺品整理業者の検索が可能です。お薦めの優良業者をご紹介いたします。

遺品整理業者の比較検索なら、全国対応の当情報サイトをご利用下さい。

遺品整理業者チェッカー全国遺品整理業者リンク集東日本埼玉県

有料広告

◆札幌

遺品整理.com


◆横浜

遺品整理.com 横浜



全国遺品リンク

相互リンク受付中


厳選!お薦め遺品整理業者

埼玉県

社名 説明
遺品整理のブルーウィング 遺品とは故人様が生前ご愛用された家財一式であり、
それがたとえ小さなものであっても一つ一つ故人様の思い出なのです。
今は不要品となり、故人様とともに役目を果たした思い出の品々は
決してごみ処理のように粗末にはできません。 当社はそれらの大切な思い出(遺品)を、ご遺族に代わって丁寧に遺品整理・処理致します。
ご遺族様の愛を天国へお届け出来るように最善を尽します。

350-1327
埼玉県狭山市笹井1906-1 2F
0800-1111-283
http://www.ihinseiri-bw.com/07.html
かたづけ団 マンション・アパート・一戸建て、さらには家周りまで、まるごと整理致します。
立ち会いに関しても、当日の作業前と終了後に現地でご確認いただければ問題ありません。
当日に時間の都合がつかない場合は、事前に鍵をお預かりすることも可能です。
終了後に立ち会うことができない場合も、鍵の受け渡しを後日に指定いただくなど、
ご遺族のご都合が良いように対応いたしますので、お気軽にご相談ください。
不用品の回収のみのご依頼も承ります。遺品の整理はご遺族の手だけで、
という場合にご利用ください。あらかじめ遺品の整理をしていただければ、
不用品のみ回収に伺います。

335-0031 埼玉県戸田市美女木1丁目29番地15 美女木1丁目倉庫A 0120-973-210 http://katazukedan.com/iine/index.html
クリーンパートナー 遺族の方々の身になって、真心込めて遺品の整理をいたします。
遺品整理のクリーンパートナー/5つの安心宣言

単品の回収から、部屋まるごと処理まで引受けます。
不用品は処理、リサイクル品は高額買取します
。 24時間、365日いつでも対応します。
大切な想い出の品は特に丁寧に扱い、遺族の方のご希望に合わせた処分をします。
親切・丁寧・真心を尽くし、みなさまの立場で遺品整理を行います。
0120-552-587
http://ihinseiri-saitama.com/
クリーンサポート 礼を尽くしたサービスで、埼玉県の遺品整理をお手伝いいたします。
* 故人の思い出が詰まったものでどう処分していいか分からない
* 故人が遠方に住んでいた為、遺品整理をする時間がなかなかとれない
* 諸々の事情でゆっくりと故人の品物を整理できない
* ただ処分してしまうのは、ちょっと… リサイクルできるものならしたい
埼玉県でこういったお悩みをお持ちの方はご相談下さい。
遺品買取回収のクリーンサポートは、故人様とご親族様の心情を考え、
お品整理の際も手を合わせる気持ちで丁寧にお取り扱いいたします。

360-0833
埼玉県熊谷市広瀬248-1
0120-538-799
http://www.cleansupport.net/ihin_saitama/index.html
遺品整理の
DC・ライフサービス
粗大ゴミ(箪笥・家電など)のみの回収、処分もお受けしています。
ワンルームのお部屋片付けから一軒家のお部屋片付けなら、お任せください。
形見分や遺品の整理から不用品・ゴミの片付け、
粗大ごみの撤去処分まで低料金でスピーディーに行います。

埼玉県所沢市弥生町2893-27
04-2990-3738
http://www.dclifeservice.com/
パワーセラー 当社では、故人の思い出の詰まった遺品を、ご遺族の方と話しあいながら、
最善の方法で、整理、お片づけ、処分、買取り致します。
大切な遺品を粗末に扱われるのは忍びない…、
といったご遺族様のお気持ちに配慮し、誠心誠意、心ある作業を心がけます。
もちろん秘密厳守、安心してご依頼下さい。

359-0036
埼玉県所沢市旭町13番8号
0120-85-2060
http://www.2060.jp/ihin.html
処分の作業現場から 人の方の遺品より残されたご家族に対する想いや深い愛情を残されたメッセージが分かる時があります。 故人の方々とご家族の方との生前においての親子関係はさまざまですが、ここでは主に親が子供に対する深い永遠の愛情を感じることが分かるご遺品からのメッセージをご紹介させていただきます。

離婚した妻子への想い
娘さんの小学校時代の品を大切に保管していた母
不慮の事故を覚悟していた兄から弟への置き手紙
小説家を目指し、すべてを捨てた父が息子に残したもの
2005年8月9日付けの毎日新聞において昨年新潟地震により新潟三条市の仮設住宅に昨年2004年8月16日より入居されていた78歳の男性が死後1週間にて発見されました。孤独死との報道でしたが今後迎える高齢者社会に対して、何がいまできるか一人ひとりが考えるなかにおいて故人が主に子供に伝えたかった想いとうは、今も昔も変わらないのではないのでしょうか。
実際に孤独死を見るなかでどのように一人ひとりが防げるかを考えたいと思います。

353-0006
埼玉県志木市館
048-471-0840
http://www.ihin.sakura.ne.jp/